2017年07月10日

【歌声の会】声の力

●声には力がある

昨日は新潟市で「歌声の会」の定例会でした。

日本歌曲『落葉松』を歌ったときの体験を送ってくださった方がいます。


> 「落葉松」を思いっきり歌っていたときは、
> 感情とは関係なく泣きそうになりました。
> 「小鳥の雨〜」のところで、突き抜ける感じでじわっと涙が出て
> そのあと穏やかになるところでは、ゾクッと鳥肌が立ちました。


いいですねえ。声の力に触れましたね。

それが共鳴の力です。共鳴発声法が身についてきた証拠ですよ。

声には人を感じさせ、動かす力があります。

また別の見方をすると、「音楽の力」に触れることのできる声が出せた、ともいえます。

音楽で「ゾクッと来る」フレーズって、ありますね。

作曲家による魔法です。

しかし、声の色によっては、たとえば喉の詰まった苦しそうな声で歌われても、聴いている人の喉まで詰まって苦しくなりはしても、ゾクッともジワッとも来ない。

魔法が有効になるか無効のままかは、音(声)の質で決まります。

共鳴を捉えた響きで声を鳴らしたとき、声が音楽になり、音楽が聴く者の心に届きます。

「歌に感動」というと、誰かが歌うのを聴いて感動するケースを思い出すかもしれませんが、良い声が出せるようになると、自分で歌いながら「わっ、イイ歌!」とゾクッとするのです。

また歌いましょう。


【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください)
http://mf07.com/
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

ラベル:声の力
posted by テノール齋藤 at 11:56| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

歌唱力を高める2時間

●歌声の会が「歌唱力を高める時間」に

今日は「歌声の会」でした。

新潟ガラコンサートがあることで、歌声の会の趣が変わってきた気がします。

休日の午後にゆったりとデザートでも食べながら日本の古い歌を歌って楽しむ会だったのが、「歌唱力アップのための鍛える時間」という雰囲気が加わりました。

終わった直後にこんなメールが届きましたよ。


> 今日の歌声の会は、終わったとき喉がいつもより楽でした。
>
> 細くつまみ上げる感じ、ホースで細く細くさらに細く、
> ホールで歌うイメージ、歌詞をイメージ、などが効いた気がします。


いいですねえ。発声技術が上がった証拠です。

前回も、同じ話をしていた会員がいました。

歌う時間は毎回同じ2時間ですが、発声法が変われば声帯への負担が変わります。

もう一通ご紹介しましょう。


> 今日の歌声の会の中で「今だから伝えられることがある」
> と言われたのが印象的でした。
>
> これも積み重ねがあるからこそなんですね。
> 深みや豊かな響きは時間をかけて磨いていくものだと感じました。


まさにそのとおり。

「積み重ね」を続けて技術を身につけてきたみなさんだからこそ、「その先にある、さらに良いもの」を受け取る準備ができた、ということです。

バイオリンを習い始めた初心者に超絶技巧を教えても意味がないし、エクセルを初めて習う人に「実は便利な裏技」を教えても、何が便利なのか何が凄いのか理解できないでしょう。

発声も同じです。上質な良いものほど、積み重ねの上にのります。

丁寧に積み重ねてきて、よかったですね。

しっかり練習をして、さらに上にのせられる準備をしておいてください。



【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください)
http://mf07.com/
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本


ラベル:歌唱力アップ
posted by テノール齋藤 at 01:14| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

【歌声の会】歌唱力を高めるトレーニング

●『落葉松』で歌唱力アップ

今日は『落葉松』(野上彰作詞、小林秀雄作曲)を取り上げました。


「落葉松」
落葉松の秋の雨に 私の手が濡れる
落葉松の夜の雨に 私の心が濡れる
落葉松の陽のある雨に 私の思い出が濡れる
落葉松の小鳥の雨に 私の乾いた目が濡れる


いい歌ですね。

歌い込むほどに味わい深くなる、いろいろに味わえる歌です。

今年の新潟ガラコンサートで『落葉松』を歌いたいと希望していた方が、「教わってみたら、大変な歌だと分かったので、来年か再来年のガラコンサートにします」と話していました。

いいですねえ。1年、2年とかけて、じっくり歌ってレパートリーにしていく。

大人の取り組み方ですね。

これから「歌声の会」では、「歌唱力アップ」を大事なテーマにしていきたいと考えています。

じっくりいきましょう。



●文章トレーニングに通ずる「構造」の捉え

音楽と文章には共通点があります。

時間の推移とともに表現され、味わわれる「時間芸術」である点で共通しています。

だから、歌を「構造」として捉えると、極端な言い方をすれば「歌詞がなくても、味わえる」。

器楽曲はもともと歌詞がないのだから、当然といえば当然ですが、なんというか、「歌詞とは別の味わい方ができる」という感覚です。

「この部分は、全体の中で、こういう役割をしている」という捉え方です。文章のトレーニングをしていると、否応なしに意識することになるでしょう。

たっぷり感じながら歌い込みますよ。


【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください)
http://mf07.com/
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

ラベル:歌唱力アップ
posted by テノール齋藤 at 22:07| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

【歌声の会】声を聞く力が育っている

今日は新潟市で「歌声の会」の定例会でした。

ご参加のみなさん、お疲れさまでした。良い時間でした。

今日は特に、「良い声」のパワーを実感しましたね。

言葉がなくてもみなさんの様子を見ているだけで、よく分かります。

声の違いが分かるって、実はスゴイことですよ。

発声トレーニングを真剣にやっているからこそ、違いが分かるようになったんですよね。

本物の「聴く力」が育ってきた証拠です。



●「良いものを良いと感じる」とは

誰でも声を聞いて「いい声ですよね」とか「この歌手の声が好き〜」なんて言いますね。

それはそれで、まあいいわけです。好きずきで。

ところが、訓練を受けて耳が育ってくると、反応に規則性が出て、安定します。

規則性とは、つまり「声帯の使い方」「喉の開き具合」「声の支え」「共鳴の集め方」などポイントを外さずに反応する、ということです。

声帯の使い方を例に挙げるなら、空気漏れをしてしまうのは声帯に負担がかかって無駄が多い、よくない使い方です。

いわばガソリンタンクからガソリンを漏らしながら走っているようなもので、「でもこの車が好きだから、これでいい」というわけにはいきませんよね。「好きずきだから」と悠長なことを言っていないで、修理したほうがいい。

声を聞く力がまだ育っていないうちは、「声以外の要素」に惑わされます。

「好きな人の声は好き」「嫌なヤツの声は嫌い」のように。

しかし、耳が育つと、純粋に声を聞くことができるので、「嫌なヤツだが、発声の基本はできている」のように客観的にフェアな反応ができるようになる。

「良いものを良いと感じる」状態といえるでしょう。



●耳が開いたから、感動した

この状態を「耳が開いた」と呼ぶことがあります。「聞く能力が開花した」状態です。

語学でも使いますね。英語を勉強していて、ある日突然「聞こえる」ようになる。次に続く言葉が先取りして分かるようになる。

「次に続く言葉が分かる」なんて、耳が開いていない人からは「超能力者でもあるまいし、それはありえない」と否定されますが、でも不思議でもなんでもありません。

ネイティブスピーカーなら誰でもやっている当たり前の聞き方です。日本人なら「いえいえ、そういうわけには」まで聞き取ったら、続く言葉が予測できますよね。

「いきません」「まいりません」「いかないでしょう」

このくらいの候補に収まりますよね。

しかも、どれにしても意味はそんなに違わない。

すべての言葉、すべての音を正確に聞き取らなくても、コミュニケーションはできるし、次に来る言葉がだいたい分かっていれば、すべての音を正確に聞き取ることだって簡単でしょう。

こういう「言葉の予測」は私たちは頻繁におこなっています。

予測できるということは、意識の節約ができるし、音の聞き逃しに強くなる(意味の取り違えが少なくなる)ということです。

「あ、その映画だったら、私、観たこと」と来れば、まず間違いなく「あります」と続きますね。

「ありません」が続く確率はきわめて低い。

「あ、その映画は、私、観たこと」と、「だったら」が「は」になると、「ありません」が続く確率が五分五分くらいに跳ね上がります。

しかし、「だったら」ならほぼ確実に「あります」と肯定になる。

だから、「だったら」なら「あります」までしっかり聞き取る必要がなく、聞き流して意識を節約できる(別のところに集中できる)し、「は」だったら最後まで意識を向けて正確な聞き取りを心がける。

こういうことを、ネイティブスピーカーは無意識のうちにやっている。

外国語でも同じレベルの判断が利くようになると、耳が開いて、余裕をもって聞き取りができるようになるわけです。

語学まで話が広がってしまいましたが、声に関して「耳が開く」と、その声の状態を──言葉や発話者に惑わされずに──聞き分けられるようになります。

多くの人が聞き取れないものが、手に取るように聞き取れるようになります。「なんとなく」ではなく「明らかな違いとして」聞き取れる。

今回の「歌声の会」では、そんな力を自分が身につけつつあるという自信がついたのではないでしょうか。

本物の「聴く力」が育っていますね。



【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

ラベル:耳が開く
posted by テノール齋藤 at 04:08| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

【歌声の会】ハモって気持ちいい声の秘密

●日本の歌で、共鳴発声法でハモる気持ちよさ

今日は「歌声の会」の定例会がフェルマータカフェ(新潟市)でおこなわれます。

夕方5時からなので、あと2時間ぐらいで始まります。会員のみなさん、もうすぐですよ。

共鳴発声法で日本の古い歌をハモる気持ちよさを、だんだんみなさん、体験し始めましたね。

先日、出版社の方と最後の打ち合わせをしていたときに、「共鳴発声法はなぜこんなに声が届くのか」と、驚きとともに質問されました。

音響の専門家が同席してくれていたので、私の代わりにすかさず返事をしてくれました。

「一言でいうと、周波数成分のコントロール、いわゆる倍音ですね」と。音のスペクトル分析(周波数の視覚化)をすると分かるのだそうです。「その出方が圧倒的です」。

実にシンプルに、核心を突いてくれました。

さすがだなあ、と感服しました。私だったら発声指導者としての立場から「横隔膜の支えと共鳴腔の確保によって、共鳴を──」などと、声の出し方から説明しようとして、発声トレーニングをしていない編集者をポカンとさせてしまうでしょう。

発声トレーニングをしていないと、「お腹の支え」だとか「共鳴腔」だとか言われても、感覚的にピンとこないんですよね。

しかし、出ている声の観点から説明すれば、客観的なデータなので誰にでも分かりやすい。

共鳴発声法の良い形を作ると、声に含まれる周波数成分が整って、良い声になります。

そんな声でハモるのだから、最高に気持ちいいハーモニーになるわけです。

今日は素敵な新曲を一曲と、会員一人一人が好きな曲を選んで、歌います。

新曲は、今日のところはまだざっと眺める感じで、しっかり歌い込むのは次回です。

声を前のほうで作って、ピーンとしたハモりやすい声を出す準備をしていてください。

では、のちほど。



【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会(新潟市)です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら


ラベル:共鳴発声法 倍音
posted by テノール齋藤 at 15:17| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

倍音の効果、まず感じるのは「気持ちよさ」

●共鳴発声法の特徴は倍音

「歌声の会」(日本の歌でハモる会)の定例会も近いことなので、「倍音の効果」について取り上げてみましょう。

共鳴発声法の特徴は、なんといっても「周波数成分の厚み」です。発しているつもりの「基音」だけでなく、その上に何層もの「倍音」が乗っています。

多くの日本人は発声が平たく潰れ、ぴちゃぴちゃとした印象の声になっていて、倍音的に豊かな声ではないとされています。

中には、照れや偽悪の感覚からか、特に親しい人との会話でわざと声を歪ませたり、かすれ声のまま気にせず話し続けたりする人もいて、「良い声で話そう」という意識が国民全体で弱いようです。

まあ、言語的に「母音が多いのに、その母音が短い」という難しさがあるので、発声技術が高くないと良い声にならず、個人差が大きくなるのは日本語話者の宿命なのかもしれません。

イタリアでタクシーに乗っていたら、道行く女性を見てはドライバーが「Bella! Bella!」(きれいな人だ)と連呼していました。

「きれいな人だ」より、もう少し下卑た感じの言い方でしたが……。

しかし、声は良い。

真似して発音しても、日本人がやると「ベッラ」になって、「ぜんぜん違う!」とドライバーからダメ出しの連続。

「llの発音が良くない」だけでなく、その前の「e」が違う。

長さとか高さとか、そんなのではなく、音が質的に違う。倍音がしっかり含まれている。

片仮名の「ベッラ」では、「声になっていない」とすら言える。

そのドライバーが声楽家や発声指導者だったわけではなく(たぶん)、イタリア語が「言語的に有利」なんですよね。ただ話しているだけで、良い声になりやすい。

うらやましいかぎりですね。



●この世のものとは思えない……

日本語を話すあなたも、共鳴発声法で倍音をしっかり出すことができます。

共鳴発声法で歌った体験を、こんなふうに報告してくれた方もいます。


> 先生の誘導で皆さんと一緒に歌えたおかげか、
> 初めてピーンと入った音で、しかも楽に出せました。
>
> みなさんの共鳴が合わさり、溶け合って、
> 自分もその一部になっていて、
> まさに「この世のものとは思えないくらい強烈な快感」でした。
>
> こんな体験初めてです。
> 今思い出しても、震えが走ります。
>
> 歌を、声を、もっと極めたいです。


いいですねえ。声には極める価値があります。というより、楽器の演奏と同じで、極まったゴールなどない、一生の修業でしょうね。

今回の「歌声の会」では、「出していて、気持ちいい声」に集中して、倍音を鍛えましょう。


【歌声の会】
日時:不定期
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

koutou01.jpg
* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら

ラベル:倍音
posted by テノール齋藤 at 14:59| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

【歌声の会】クリスマス歌声の会はクリスマスソングを原語で

今年の「クリスマス歌声の会」が近づいてきましたね。
12月20日(日)ですから、あと10日です。


【クリスマス歌声の会】
日時:2015年12月20日(日)17:00〜19:00
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:クリスマスソングを原語で歌います。
   賑やかなだけでない、本来の厳かなクリスマスを
   歌で味わいましょう。

※お申込みは事務局のメイフェア(025-211-7007)まで


クリスマスソングのレパートリーは、もうかなり増えましたね。

・Joy to the world
・Nowel
・Amazing grace
・Hark! The herald angels sing
・Stille Nacht
・Winter Wonderland
・Santa Claus is Comin' to Town
・Ave Maria
・Deck the Halls

このあたりはもう、歌えそうですか?
来週に新曲「Adeste Fideles」を追加します。

ピアノ伴奏担当の方は、昨年と同じ曲をお願いしますね。
どの曲を弾いたらいいかわからない方、ご連絡ください。



●Deck the Hallsのチェックをしましょう

先日覚えた「Deck the Halls」は、もうサラッと歌えますか?

口ずさみながらスムーズに穴埋めができるかどうか、テストです。


Deck the halls with (   ) of (   ) falalalala lalalala
'Tis the (   ) to be (   ) falalalala lalalala
(   ) we now our gay (   ) falalala lalala lalala
(   ) the ancient (   ) carol falalalala lalalala

* * *

言語戦略研究所でプレゼンテーション 齋藤匡章
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com

posted by テノール齋藤 at 23:28| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

新潟でコーラス(合唱団)をお探しの方に「歌声の会」

新潟や近県でコーラスをお探しの方に、
日本の唱歌や歌曲を歌う「歌声の会」をご紹介します。

新潟は音楽が盛んな県で、コーラスが好きな女性が
とりわけ多いようです。

といっても、本格的に歌を習った経験がない初心者は
「私でも仲間に入れてもらえるだろうか」と
心配になるのだそう。

先日も、「新潟で気軽にコーラスができるところってありますか?」
と相談されました。

そんなコーラス好きには、新潟市の「歌声の会」をオススメします。
場所は新潟市役所から徒歩10分、新潟市中央区寄居町にある
「英国紅茶サロン メイフェア」です。
新潟駅からバスもタクシーも便利なので、
県外の会員もめずらしくありません。

こちらのページに詳細があります。
   ↓
新潟市でコーラスしたいなら「歌声の会」
http://mf07.com/song.html

コーラスや歌声喫茶がお好きな方には
日本の唱歌を中心にひたすら歌い続ける
この会がぴったりです。

しかも、サンドイッチやケーキが食べ放題、
ドリンクが飲み放題なのも、会の楽しさを盛り上げてくれます。
ここは大きなポイントですね。
食べ物や飲み物があるだけで、気分が楽になって楽しめます。

初心者大歓迎、発声診断士による発声指導もあるので
安心して気軽に参加してみてくだい。

今日は新潟市のコーラス好きな方に「歌声の会」のご紹介でした。

* * *

言語戦略研究所  齋藤 匡章
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com


posted by テノール齋藤 at 13:01| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする