2018年05月14日

喉を開けて生活していますか?

●喉が詰まらないように

今、喉が詰まっていませんか?

ずっと黙っていたり、心理的ストレスを感じていたりすると、喉が詰まります。

喉が詰まると、良い声が出ません。

普段からゆったりと喉を開けて過ごしましょう。



●限界まで開けるトレーニングが効果的

話し声を出すときは、そんなにガバッと喉を開けなくていいのですが、トレーニングとしては限界まで開ける練習が効果的です。

ストレッチと同じで、普段はそこまで伸ばさないとしても、限界まで伸ばしてこそトレーニングになります。

好きな歌で、高めで長く伸ばす音を使って、ぐーっと喉を開けていきます。

上手に喉が開くと、声の色が変わるので、できたかどうかを耳で判断できるでしょう。

高音の声が気持ちよ〜く伸びながら、喉にまったく力みがなく、舌根が下がっていたら、うまくできています。

限界まで開けるといっても、パカッと一気に開くのではなく、弾力を持たせてじわっと開いていくイメージです。

限界まで開いたところから、さらにぐーっと開けていくイメージも役立つかもしれません。

普段から喉の詰まりが癖にならないように、「やわらかい喉」を癖にしていきましょう。



※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
http://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方教室
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、新潟校と東京校
通る声、届く声の出し方の本


posted by テノール齋藤 at 20:32| Comment(0) | 声のサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。