2017年11月03日

発声の気持ちよさがわかったら本物の共鳴

●発声は快感

声を出すのは、気持ちいいですね。

だから人は歌いたがり、おしゃべりしたがるのでしょう。

でも、共鳴の技術が高まって味わう発声の気持ちよさは、その比ではありません。

自分の体は同じはずなのに、まるで次元の違う声が出たとき、しかも、まったくがんばらずに楽に声が伸びるのを感じたとき、「なにこれ!」という驚きとともに、強烈に気持ちいい体験をするでしょう。

しかも、その気持ちよさが、発声技術の向上とともに、増していく。



●「うまくいかない」ときは基本に立ち返る

おもしろいことに、発声の気持ちよさが味わえたからといって、常に一定以上の気持ちよさが再現できるとは限りません。

生身の体を使った動作なので、癖や体調や気分や思考内容などの影響を受けて、安定しないことがあります。

「前回あんなに気持ちよくピーンと入ったのに、今日はうまくいかなくて、強引に押してしまう」
「共鳴を捉えているけれど、なにか少しずれている気がする」

このような場合、確かに感じているとおり、癖や体調や気分や思考内容などの影響で、体の形にズレがあります。

常に基本に立ち返り、共鳴発声法のチューニングをおこなってください。

必ず戻せます。

案外、すごく基本的なところにズレがあるものです。

喉の開け具合だったり、ポジションの高さだったり、発音のための口の形だったり、お腹の使い方だったりと、指摘されれば「そんなの知っている」「何十回も聞いた」と答えたくなるようなポイントに、たいていズレがあります。

「私、頭部の形がナントカなので、そのせいでしょうか」
「鼻のナントカ症と言われたことがあるんですけど、だから上達が遅いのでしょうか」

のように特殊な事情のせいにしたくなる方もいて、気持ちや不安はわかりますが、たいていは単なる「基本のズレ」に過ぎません。

それを「私は特殊」に逃がしてしまったら、いつまでも基本が身につきません。

何事も、基本が大事。

無造作にしゃべったり歌ったりしていると、どうしても発声法にズレを生じるものなので、レッスン時に調整しながら、丁寧にトレーニングを進めていきましょう。



※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
http://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

ラベル:共鳴 発声法
posted by テノール齋藤 at 20:07| Comment(0) | 声のサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。