2017年09月21日

【声のサロン】間の取り方……長めの間に慣れてみよう

●間は体で覚える

次回のレッスンまでに少し間があくので、サイト上で追加レッスンをしましょう。

良い話し方にとって、「間」(ま)は大事です。

間はデリケートで奥が深く、一概に「こういう場合は何秒、こういう場合なら何秒」のように数値化はできません。

楽器やスポーツと同じように、体で覚えましょう。

全体的に見ると、間が短い傾向にあるようです。間が短すぎる方は、もう少し長くすると、聞き手にとって気持ちいい話し方になります。

文末まで来たときに、急かされるように被せるように次の文を始めないで、もう1〜2拍待ってみたら、聞き手だけでなく、話しているあなたももっと楽に話せるかもしれません。

間の基本は「相手が話を理解するための時間」だから相手次第であり、正解は相手や状況によって変わるのだから、「間が短すぎる方」という言い方はおかしなものですが、「埋めなくていい間を埋めてしまう」ケースが多い、という意味です。



●気まずくて間を埋めてしまうから短くなる

間が短くなりがちな原因のトップは、「気まずさ」です。

「会話の沈黙が怖い」と悩む方は、この気まずさをよく知っているでしょう。

沈黙が怖いとは、つまり気まずさがつらいんですよね。

お互いが何もしゃべっていない時間の気まずさに耐えきれず、とりあえず何かしゃべって埋めてしまうから、間が短くなります。

「でも沈黙で気まずい空気になったらどうしたらいいですか」と質問されたことがありますが、気まずさは「主観」なので、まずは自分の気まずさを見直してみましょう。

「この感じは、本当に気まずいと感じるべき状態なのか」と自分の主観を疑ってみるのです。

自分は「気まずい」と感じたけれど、みんながみんな同じタイミングで「気まずい」と感じるとは限らない、ということですね。

もっと上手に話す人は、同じ状況で「気まずい空気が流れた」と感じていない可能性があります。

「間が悪い」とか「一言多い」と言われがちな方は、ほかの人より「気まずい」と感じるまでの時間が短いのかもしれません。

まずは間のトレーニングの入り口として、「長めの間に慣れる」を意識していてください。

いつもより少しでいいので長めの間を置きながら話してみましょう。


※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
http://mf07.com/lecture.html


* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

ラベル:間の技法
posted by テノール齋藤 at 23:01| Comment(0) | 声のサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。