2017年07月23日

【声のサロン】自分の声にガッカリできるのも実力アップの証拠

●声の満足度は高まり続けるか

「自分の声を変えたくて」と、声に不満があって発声トレーニングを始める方は多い。

発声トレーニングを始めると、声に対する感覚がすぐに変わります。

声帯や呼気の使い方、横隔膜の感覚、共鳴コントロールなんて、かつてはまったく気にしていなかったからです。

朗読や歌で「しっかりした発声」を練習していると、良い声が出たときに「あ、今の、良い声」とわかるようになります。

逆に「良くない声」にも気づくようになる。不安定に震えたりひっくり返ったりしたときに、今までは気にもしなかったのが、「震えた」「上ずった」「ひっくり返った」と自覚できる。

身につけた発声技術(共鳴発声法)によって、今までなら「良くない声」になってしまった状況で、「良い声」が出せるようになります。

ということは、発声トレーニングをしていれば、自分の声に対する満足度は上がり続けるのでしょうか。

答えは残念ながら「否」です。

理由は2つあります。



●「聞く耳」が育って粗がわかるから

まず、「聞く耳」が育つ、という理由があります。

「声のサロン」に通う前は発声技術がなかっただけでなく、聞く耳もなかった。だから、ちょっとおかしな発声になっても、気づかず聞き逃していた。

・声が完全にひっくり返った
・頭の中が真っ白で声が出なかった
・明らかに声が生っぽくて痛々しく聞こえた

ような場面でないと、声を気にしなかった。

「知らぬが仏」ですね。

しかし、声を聞く能力が育つと、今までは不満に感じなかった声にも、不満を覚えるようになるわけです。



●「声は自分の技術次第」とわかるか

もう一つの理由が、「もっと技術を高めさえすれば……」と思えるから。

つまり、以前なら「声が震えたか、震えなかったか」のように明らかにわかる違いに対応できる技術しかなかったから、それ以上の「声の色」(声の質的な魅力)なんて手に負えなかった。

ところが、技術的に高まってくると、自分の発声技術によって声の色が良くなったり悪くなったりすることがはっきり自覚できる。

「すべては自分の力次第」とわかるわけです。

この感覚を「自己効力感」といいます。

できるときは良いのですが、できないときに「自分のせいで、できない」と自覚できてしまうのもまた、自己効力感です。

この違い、わかりますか?

お出かけの日に大雨になったとしても、雨は自分のせいではないし、努力でどうにもなりはしないから、「雨には自己効力感が持てない」。

だから、雨に関して「私のせいで……」と落ち込むことはない。

しかし、発声は自分の技術や努力でいくらでも変わるから、良い声が出なかったら「自分の力不足で……」などと落ち込むわけです。



●だから、ガッカリは喜んでいいい

「歌の練習をしながら録音して、自分の声を聴いてガッカリした」
「練習後にガッカリして一人反省会をしていた」

と報告をくれた方がいます。

すばらしく真面目な取り組み方ですね。

ぜひその調子で丁寧に続けてください。

1年目に喜び、2年目にガッカリしたような場合、そのガッカリは「レベルアップの証拠」です。

声を聞いて粗がわかる「聞く耳」が育った証拠です。

「自分の力次第で声は変わる」と信じられるレベルになった証拠です。

だから、ガッカリは喜んでいいのです。

ガッカリを喜ぶなんて、ヘンな言い方ですね。



※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
http://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

posted by テノール齋藤 at 21:31| Comment(0) | 声のサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。