2017年07月10日

【歌声の会】声の力

●声には力がある

昨日は新潟市で「歌声の会」の定例会でした。

日本歌曲『落葉松』を歌ったときの体験を送ってくださった方がいます。


> 「落葉松」を思いっきり歌っていたときは、
> 感情とは関係なく泣きそうになりました。
> 「小鳥の雨〜」のところで、突き抜ける感じでじわっと涙が出て
> そのあと穏やかになるところでは、ゾクッと鳥肌が立ちました。


いいですねえ。声の力に触れましたね。

それが共鳴の力です。共鳴発声法が身についてきた証拠ですよ。

声には人を感じさせ、動かす力があります。

また別の見方をすると、「音楽の力」に触れることのできる声が出せた、ともいえます。

音楽で「ゾクッと来る」フレーズって、ありますね。

作曲家による魔法です。

しかし、声の色によっては、たとえば喉の詰まった苦しそうな声で歌われても、聴いている人の喉まで詰まって苦しくなりはしても、ゾクッともジワッとも来ない。

魔法が有効になるか無効のままかは、音(声)の質で決まります。

共鳴を捉えた響きで声を鳴らしたとき、声が音楽になり、音楽が聴く者の心に届きます。

「歌に感動」というと、誰かが歌うのを聴いて感動するケースを思い出すかもしれませんが、良い声が出せるようになると、自分で歌いながら「わっ、イイ歌!」とゾクッとするのです。

また歌いましょう。


【歌声の会】
日時:不定期(こちらのカレンダーでご確認ください)
http://mf07.com/
場所:フェルマータ2階(新潟市中央区上近江)
料金:3,240円(中学生以下は半額)
内容:日本の古い歌でハモる

「歌声の会」は、日本の古い唱歌でハモる会です。
 詳しくはこちらのページをどうぞ。
   ↓
http://mf07.com/song.html

※歌声の会は共に歌うメンバーを随時募集しています。
 ご参加くださる方は、事務局のメイフェアまで
 お電話(025-211-7007)ください。

ラベル:声の力
posted by テノール齋藤 at 11:56| Comment(0) | 歌声の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。