2017年03月22日

【声のサロン】次回のレッスンまで間があるので

●「声のサロン」受講者の方へ

新潟ガラコンサート前の大事な時期だというのに、次回のレッスンまで間があいてしまったので、ここでレッスンの続きをしましょう。

発声技術を高めるためのレッスンです。

次の3つの話をします。

1. ガラコンサートは節目ではない
2. 力ではなく技で共鳴のスイートスポットに入れる
3. リラックスしてのびのびと声を出す

では、まずは「ガラコンサートは節目ではない」の話から。



1. ガラコンサートは節目ではない

ガラコンサートが近づくにつれて、緊張が高まってくるかもれしません。

・失敗したら恥ずかしい
・恥をかきたくない
・今までの練習の成果が問われる

こういった思いがあると、どうしても緊張しますね。

しかし、ガラコンサートはゴールではないし、なんの節目でもありません。

いつものレッスンの中で、「ではちょっと声を出してみましょうか」と言われて歌う程度のこと。

場所が違うだけで、いつものレッスンだと思ってください。

ずっと繋がっている時間のうちの、ただの一点です。

「今年のガラコンサートは○○を歌いますが、来年は○○に挑戦します」と早くも来年の曲目を宣言していた方がいます。

すばらしい。当たり前のように次回を見据えている姿勢がすばらしい。

ガラコンサートをどういうものと捉えているかの姿勢によって、緊張感にも出来具合にも影響があります。

だから、「姿勢」まで含めてレッスンなのです。

良い声で話し、歌うには、体の状態を整える必要があります。

体を整えるには、「姿勢」を整える必要がある。

ガラコンサートを「大きな節目だから失敗できない」なんて考えているところがあるとしたら、「いつものレッスン。場所が違うだけ」と捉え直してください。

さて、来年は何を歌いますか?



2. 力ではなく技で共鳴のスイートスポットに入れる

共鳴発声法のトレーニングをしていますね。

ピーンの感覚を得るためにパワーで押し切るのではなく、「技で入れる」ように、スイートスポットに入れてください。

「スイートスポット」とは、テニスのラケットでボールを打つ際に最小限の力で最大の威力を発揮できる打点のこと。

スイートスポットに正確に当てれば、ラケットのグリップを指でそっと挟んでいるだけで、つまりラケットがフラフラするような状態でも、ボールがポーンと返っていくのだそうです。

発声にもスイートスポットがあります。最小限のエネルギーで、最大の効果を発揮する形(発声器官の構え)です。

「ここ」というスイートスポットを覚えて、毎回確実にそこに入れられたら、何回繰り返しても必ず良い声が出ます。



3. リラックスしてのびのびと声を出す

スイートスポットと関連のある話です。

力んで強引に声を出そうとすると、良い形になっていなくても、それなりに声が出てしまいます。

ラケットのスイートスポットから外れた場所に当たっても、思いっきり振り抜けばボールが飛んでいくのと同じですね。

だからこそ、力で強引に持っていく癖がつかないように気をつけましょう。

力みは全身に影響を及ぼします。

肩や首や背中がこわばり、喉が詰まって、良い声が出なくなります。

良い声を出すには、脱力が肝心なのです。

リラックスして、のびのびと声を出しましょう。

息も、節約しようとせず、気持ちよく「出す」。

息なんか出せば入ってきますから、心配は要りません。

楽に、のびのびと、出しましょう。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

posted by テノール齋藤 at 00:19| Comment(0) | 声のサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。