2017年03月17日

成果を上げるトレーニングのコツ

●「そのことばかり考えている」が秘訣

何かの知識や技術を身につけたい、技量を高めたいなら、「ちょっと試しにやってみた」程度ではうまくいきません。

「そのことばかり考えている」状態に自分を追い込むと、うまくいきます。

たとえば、発声トレーニング。

暇さえあれば声を出し、暇がなければ暇を作って声を出し、声が出しにくい状況なら無言で、小声でレッスンの復習をしたりと、声のことばかり、トレーニングのことばかり考えている人は、必ず高い技術を身につけます。

「これで行く」「絶対に身につける」と覚悟を決めているからこそ、ですね。

指導する立場としても、「そのことばかり考えている」人の指導は、最高の醍醐味です。

スポーツも習い事も、夢中になっている人ほど上手になりますよね。

発声も文章も同じです。

没頭して、夢中になっていますか?



●メリハリのあるのが良い歌

なぜ「そのことばかり考えている」人は、成果を上げるのか。

自然にメリハリができるからです。

ある事に一点集中すると、ほかが自然に抜けてメリハリができます。

意識にメリハリ(強弱の差)があると、パフォーマンスが高まります。

歌だって、最初から最後までフルパワーで歌おうとしたらバテてしまうし、聞いているほうだって疲れてしまいますね。

メリハリのあるのが良い歌です。

私たちの生活も、「すべてに全力投球」は無理。力の入れどころと、抜きどころが肝心です。

「体力と気力があればすべてに全力投球できるのに」ではありませんよ。

体力的に可能だとしても、「すべてに全力投球」「なんでも完璧にこなす」はNGです。

歌の喩えで分かるでしょう。体力が有り余っている歌手だからといって、最初から最後まで全力で声を張り上げたら、ちっともいい歌になりません。

抜くところは徹底的に抜かないと、入れるところに入れられません。

「家事はうまく手抜きしています」
「なんでも一人で背負い込まないようにして、練習の時間を確保しています」
「発声トレーニングに全力を出せるように、残業のない部署に異動願いを出しました」

等など、「抜きどころ」について話していた方もいました。

まさにメリハリですね。

生活の中で、意識して良いメリハリを作りながら、「そのことばかり考えている」状態を強化していくのが、効果的なトレーニングのコツです。

それも、「日に日に強化」です。

トレーニング成果を上げるには、生活の中に抜きどころを意識的に作って、声について、文章について、言葉について、「そのことばかり考えている」状態になりましょう。

まずは「なりきり」ですよ。



【春の講座】
日時:2017年5月27日(土)15:00〜20:00頃
場所:メイフェア(新潟市中央区寄居町)
料金:10,000円(お食事つき)
講師:齋藤匡章(言語戦略研究所)
内容:文章の書き方 〜 言語戦略
  言葉が変われば関係が変わります。
  相手との関係は、あなたが使う言葉次第、
  そして書き方、話し方次第です。
  気持ちいい人間関係を築く「言語戦略」で、
  人生を豊かにしましょう。

※お申込みは http://mf07.com/lesson.html からどうぞ


* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、大宮校についてはこちら
通る声、届く声の出し方の本

posted by テノール齋藤 at 03:17| Comment(0) | 季節の講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。